リフォームのサンケーエスから、職員の日々の日記をつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第184回 悔しいと思えること

勝負に負けて悔しいと思えるのは、何歳からでしょうか。


昨日、下の坊ちゃんがある柔道の試合にでて、1回戦は勝ったのですが

2回戦は相手のポイントが優っていて、そのまま負けてしまいました。

1年ほど柔道をやってますが、それまで試合に負けて泣いたことはありませんでした。

2階の観覧席から見ていた私は、決まった瞬間あわてて下まで迎えに行きました。

坊ちゃんは出口の近くにいました。私を見つけるとポロポロ涙をこぼして、

「負けてもた・・・」

それまでは、試合も練習も負けたっていつも笑顔で、

「パパに怒られるわー」

とこちら側が歯がゆくなるくらいやる気がなくって、本当に残念な気持ちでいました。

昨日、息子はいつまでも泣いていて、

「悔しいんか?」

と訊いたら

「悔しい」

と短く答えました。真っ赤な目をして、本当に勝たせてあげられるんだったら良かったんだけど、

勝負なので勝つか負けるかしかないんですよね。しかも1回きりです。

私も、今までいろんな試験や岐路において、1回きり、または1年に1度の勝負をしてきました。

「悔しい」と思わなければ、先には進めません。

ちゃんと成長してくれていて、良かった。息子、私も頑張るよ!

事務 重村



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。